本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ダイコンソウ

ダイコンソウ
[バラ科]
山野の緑陰地などに生える。根元から出る葉の形が野菜の大根の葉に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:チシマフウロ

チシマフウロ
[フウロソウ科]
花は淡い色で花びらは5枚。茎や葉柄に荒い毛がある。登山道沿いで見られる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:フクジュソウ

フクジュソウ
[キンポウゲ科]
真っ先に春を告げる花。雪解けが始まると一番に黄色い花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:エンレイソウ

エンレイソウ
[ユリ科]
高さ30cmほどの茎の先に3枚の葉を広げ、紫褐色の花を1個咲かせる。種から花が咲くまで10数年かかるといわれる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ミヤマシキミ

ミヤマシキミ
[ミカン科]
常緑小低木。山の木陰に群生する。白い小さな花が集まって咲き、香りがある。深紅の美しい実は有毒。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク
[ケシ科]
早春の明るい林内に咲く高さ10cm前後の多年草。花の色は青紫や赤紫など変化が多い。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ネムロコウホネ

ネムロコウホネ
[スイレン科]
水中から長い茎を伸ばし、大きな葉と黄色い可憐な花を水面に浮かべる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:スズラン

スズラン
[ユリ科]
山野や明るい草原に生える。花は白く、実は赤く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エゾトリカブト

エゾトリカブト
[キンポウゲ科]
高さ70~120cmの多年草。山地の広葉樹林や沢沿いを好む。烏帽子形の花をつけ、根だけでなく、蜜など全体が有毒である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:カツラ

カツラ
[カツラ科]
落葉高木。花は葉に先がけて開き、樹冠をほのかに紅く染める。夏から秋に甘い香りを漂わせ秋の黄葉が美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:カナクギノキ

カナクギノキ
[クスノキ科]
落葉小高木。初春に葉の展開と同時に薄黄色の壷形の花を咲かせる。老木になると樹皮が粗くはげ、鹿の子模様にみえる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:アヤメ

アヤメ
[アヤメ科]
草原に生える多年草で、花は紫色でトラフ模様がある。葉の中脈はあるが、目立たない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イワタバコ

イワタバコ
[イワタバコ科]
多年草。葉の表面は光沢があって、しわが寄っている。湿った渓流の岸や岩場に生える。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:キハダ

キハダ
[ミカン科]
樹皮はコルク質で厚い。内皮は黄色で苦みがあり、健胃剤の漢方薬として利用される。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミツガシワ

ミツガシワ
[リンドウ科]
湿原や池沼の水辺に生える水生多年草。長い柄の先につく3枚の葉がカシワの葉に似る。花冠は5裂し、内側に白い毛が密生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ
[シソ科]
高さ約30cmの多年草。名前は京都の羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼の腕に見立てたという。
花の咲く季節:春

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索