本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:イワイチョウ

イワイチョウ
[リンドウ科]
湿原で見られる多年草。葉は厚く、光沢のある腎円形。花茎の先に白色で花冠が深く5裂したろうと形の花を数個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウ
[リンドウ科]
根生葉は卵形。茎はふつう分枝しない。青紫色の花が茎頂に1個つき、晴天に開き、曇ってくると閉じる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:クサノオウ

クサノオウ
[ケシ科]
林縁の明るい草地や荒地などに生える。茎や葉を切ると黄色い液が出ることから「草の黄(クサノオウ)」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミツバアケビ

ミツバアケビ
[アケビ科]
落葉つる性植物。赤紫の小さな花で、果実は10cm足らずの長楕円形で縦に裂ける。食用になる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:チシマフウロ

チシマフウロ
[フウロソウ科]
花は淡い色で花びらは5枚。茎や葉柄に荒い毛がある。登山道沿いで見られる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツユクサ

ツユクサ
[ツユクサ科]
路傍や荒地にかたまって生える。朝露を帯びたような水色の花が美しいことから「露草」と名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ネジキ

ネジキ
[ツツジ科]
落葉小高木。ねじれた幹が特徴で、この名がある。釣鐘状の白い花は小さく可憐。有毒植物。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヒメシャラ

ヒメシャラ
[ツツジ科]
落葉高木。花を見ると、ツバキの花だと納得する。秋が深まり、葉を落とした赤褐色の樹皮は、神秘的なものを感じる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミツバツツジ

ミツバツツジ
[ツツジ科]
高さ2mほどの落葉低木。新緑の中にやや淡い桃色の花をつける。花の時期に3枚の葉を上に向けてつけるため、この名がある。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:コブシ

コブシ
[モクレン科]
山野の落葉樹林に生育する落葉高木。花は葉が開く前に開花する。花の下に若い葉が1枚つくのが特徴。集合果が握りこぶしに似ていることが名の由来。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:バイカモ

バイカモ
[キンポウゲ科]
水中に生育する多年草。冷水の浅くきれいな流れに生育し、ウメの花に似た花を咲かせることから「梅花藻(バイカモ)」の名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コウゾリナ

コウゾリナ
[キク科]
明るい荒地などに多く、花は黄色。この地方では春芽を山菜として食用にされている。茎や葉に剛毛があり、非常にざらつく。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細


写真:ムラサキシキブ

ムラサキシキブ
[クマツヅラ科]
落葉低木。秋に紫色をした小粒の実をたくさんつける。初夏の頃に咲く淡紫色の花も美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ベニサラサドウダン

ベニサラサドウダン
[ツツジ科]
林内に生える落葉低木。葉は楕円形から倒卵形で、枝先に輪生状に集まってつく。花は鐘形で総状に多数つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エンレイソウ

エンレイソウ
[ユリ科]
高さ30cmほどの茎の先に3枚の葉を広げ、紫褐色の花を1個咲かせる。種から花が咲くまで10数年かかるといわれる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ホタルブクロ

ホタルブクロ
[キキョウ科]
多年草。昔、子どもが花の中にホタルを入れて遊んだことから、この名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索