本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヤチトリカブト

ヤチトリカブト
[キンポウゲ科]
湿地や湧水の水辺などに生える多年草で、高さ1~1.5mになる。猛毒のアルカロイドを含む有毒植物。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヤマブキショウマ

ヤマブキショウマ
[バラ科]
多年草。葉は2回3出複葉で小葉は広披針形。花は複総状花序に小さな白花を密につける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ソバナ

ソバナ
[キキョウ科]
明るい林内に生える多年草で、高さ1mほど。青紫色の釣鐘状の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:シロバナトウウチソウ

シロバナトウウチソウ
[バラ科]
開けた草地に生える多年草。花は白色、花弁状のがく片と雄しべが穂状に密集してつく。花穂の上から下に咲き進む。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:シウリザクラ

シウリザクラ
[バラ科]
高木で枝先に白い花を列をなしてつける。少し地味だが味わいがある花。実は熟すと黒くなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:アケボノソウ

アケボノソウ
[リンドウ科]
日当たりのよい草原や湿地に見られる。白い花弁の先端部に濃い緑褐色の斑点があり、それを夜明けの空に見立てこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イヌタデ

イヌタデ
[タデ科]
路傍や荒地などに群生する。別名「アカノマンマ」は、小さな粒状の赤花をままごと遊びの赤飯にたとえたもの。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:トリアシショウマ

トリアシショウマ
[ユキノシタ科]
林縁や道沿いに、姿が似ているヤマブキショウマより少し遅れて咲く多年草。展開前の3出複葉の姿が鳥の足に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オノエラン

オノエラン
[ラン科]
日当たりの良い草地に生える多年草。葉は長楕円形で根元に2枚つく。花は白色で2~5個が総状につく。日本固有種。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:キリシマミズキ

キリシマミズキ
[マンサク科]
落葉低木。早春、葉の展開前に淡黄色の穂状花序を垂らす。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:メイゲツソウ

メイゲツソウ
[タデ科]
イタドリの中で、花や果実の紅色のものをこのように呼ぶ。荒地に早々と侵入する先駆植物。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ
[ユリ科]
野山に生える多年草。秋深まる頃、茎を高く伸ばし、多数の花を球状に咲かせる。同じ仲間のノビルやラッキョウより匂いはうすい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:クロマメノキ

クロマメノキ
[ツツジ科]
亜高山帯から高山帯の林縁などに生える、日本固有の落葉低木。実は粉白色を帯びた藍黒色に熟する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミツガシワ

ミツガシワ
[リンドウ科]
湿原や池沼の水辺に生える水生多年草。長い柄の先につく3枚の葉がカシワの葉に似る。花冠は5裂し、内側に白い毛が密生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツチアケビ

ツチアケビ
[ラン科]
山野の落葉樹林内などに生える腐生植物。葉緑素を持たない。秋にウィンナーソーセージのような実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索