本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ルリタテハ

ルリタテハ
[タテハチョウ科]
翅の外側に瑠璃色の帯が入る。日本産のチョウに他に似た種はいない。樹液に集まる他獣糞にも集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クマバチ

クマバチ
[コシブトハナバチ科]
大型のミツバチの仲間。春から秋にかけて花粉や蜜を集める。枯れ木に穴をあけて巣を作る。ほとんど人に関心を持たない。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ルリハムシ

ルリハムシ
[ハムシ科]
ハンノキ、ヤマハンノキの葉が開くころから発生し、葉の上で多く見られる。緑色の光沢は外敵の鳥から見たら目くらましになっているのだと思われる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:カオジロトンボ

カオジロトンボ
[トンボ科]
高層湿原のみに生息する。名前の通り正面から見ると白い顔をしている。個体数は少ない。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ビロウドコガネ

ビロウドコガネ
[コガネムシ科]
黒いビロード状の毛で覆われるコガネムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ジャコウアゲハ(幼虫)

ジャコウアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
毒草であるウマノスズクサを食べ、体内に毒を貯蔵する。奇抜な体色は鳥などの外敵に対する警戒色である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アキアカネ

アキアカネ
[トンボ科]
羽化したばかりの体色は黄色。夏は山の上ですごし、秋になると低地へ移動し、体色は赤くなる。体長約45mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニセミカドアツバ

ニセミカドアツバ
[ヤガ科]
幼虫はアラカシの葉を食べる。よく似た種にミカドアツバがいる。本種のように翅に白い部分はない。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ
[スズメバチ科]
都市部でよく見られるアシナガバチの仲間。秋越冬のため民家の中によく入り込む。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ハグルマノメイガ

ハグルマノメイガ
[ツトガ科]
翅の放射状の模様が美しい。夜間サガリバナの花に集まると翅の模様はみごとなカモフラージュとなる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:アヤムネスジタマムシ

アヤムネスジタマムシ
[タマムシ科]
非常に美しい中型のタマムシの仲間。スダジイやマテバシイの林に多い。体長約20mm
見られる時期:夏

→詳細

写真:アケビコノハ(幼虫)

アケビコノハ(幼虫)
[ヤガ科]
アケビの葉を食べる。大きな目玉模様で天敵である鳥を脅かしている。この独特の容姿からよく図鑑に使われる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ジュウシチホシハナムグリ

ジュウシチホシハナムグリ
[コガネムシ科]
体色が黒いものと赤いものがいる。背面の黄色い斑紋が17個あることが名前の由来。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アメンボ

アメンボ
[アメンボ科]
「飴のようなニオイのする棒」ということで「アメンボ」とついたそうだ。意外と知られていないがカメムシの仲間である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ナナフシモドキ

ナナフシモドキ
[ナナフシ科]
体色は緑~茶褐色まで変異がある。木々の中で静止している姿は枝そのもの。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:アヤモクメキリガ(幼虫)

アヤモクメキリガ(幼虫)
[ヤガ科]
ネギ、ダイズ、ジャガイモなどの作物の葉を食べる。ヨトウムシと呼ばれる害虫の一種。
見られる時期:春・冬

→詳細

写真:モンシロチョウ

モンシロチョウ
[シロチョウ科]
里山から都市部まで広く分布し、アゲハチョウに並んでなじの深いチョウ。幼虫はアブラナ科植物を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キイロスズメバチ

キイロスズメバチ
[スズメバチ科]
スズメバチの仲間の中で最も気性が荒く、巣に近づいただけで刺してくる。体表を金色の毛に覆われており離れてみるとオレンジ色に見える。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索