本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クロモンキリバエダシャク(幼虫)

クロモンキリバエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
幼虫は腹部の横に奇妙な突起物が生えている。シャクトリムシの仲間。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アオイトトンボ

アオイトトンボ
[アオイトトンボ科]
金属光沢が非常に美しいイトトンボ。オオアオイトトンボに似るが本種のオスは成熟すると体表は白い粉に覆われる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:セアカツノカメムシ

セアカツノカメムシ
[ツノカメムシ科]
背中の中心部分(小楯板)が赤いことからこの名前がついた。オスは腹部先端に赤いハサミ状の突起物をもつ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ツマグロオオヨコバイ

ツマグロオオヨコバイ
[ヨコバイ科]
早春から秋まで見られ、多くの種類の植物の汁を吸う。こちらの存在に気づくと枝の反対側に隠れる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロアゲハ

クロアゲハ
[アゲハチョウ科]
幼虫はカラスザンショウ、ミカンなどのミカン科の植物の葉を食べる。夏に花で吸蜜する姿がよく見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ
[トンボ科]
他のアカトンボより一回り大きく、目の覚めるような真っ赤な体色をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アオスジカミキリ

アオスジカミキリ
[カミキリムシ科]
ネムノキの枯れ木に産卵、交尾のために集まる。大型のカミキリムシで緑色の光沢が美しい。体長15~35mm
見られる時期:夏

→詳細

写真:ヨツボシトンボ

ヨツボシトンボ
[トンボ科]
翅の4つの黒点が特徴のズングリとしたトンボ。主に寒冷地に生息している。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:コバネカミキリ

コバネカミキリ
[カミキリムシ科]
上翅(表面の硬い翅)が小さいカミキリムシ。主に夕方から夜にかけて活動する。
見られる時期:夏

→詳細


写真:オナガアゲハ

オナガアゲハ
[アゲハチョウ科]
クロアゲハに似ているが翅がとても細長い。水たまりで吸水している姿がよく見られる。幼虫はコクサギやカラスザンショウなどのミカン科の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:スゲハムシ

スゲハムシ
[ハムシ科]
高層湿原の花に集まる。青、赤、金、銅色と色のバリエーションが豊富で美しい。別名キヌツヤミズクサハムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ
[ゾウムシ科]
真っ白で背中にコブがあるゾウムシ。クズやハギなどの葉を食べる。よく似たヒメシロコブゾウムシは背中が黒っぽい。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:センノキカミキリ

センノキカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はセンノキ、タラノキ、ヤツデなどウコギ科の生木を食べる。成虫はウコギ科の若い茎を齧り部分枯れにする。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ヒメヒゲナガカミキリ

ヒメヒゲナガカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木や枯れ木に産卵、交尾のため集まる。日本各地で普通種である。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アオゴミムシ

アオゴミムシ
[オサムシ科]
草地、河原で最も普通に見られるゴミムシ。外敵に襲われると独特のニオイを発する。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クロフヒゲナガゾウムシ

クロフヒゲナガゾウムシ
[ヒゲナガゾウムシ科]
枯れ木の上を這っている姿が見られる。とても敏感で外敵の気配を感じると素早く飛んで逃げる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ニセクロホシテントウゴミムシダマシ

ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
[ゴミムシダマシ科]
舌をかみそうなほどよくわからない名前だがゴミムシダマシ科の昆虫。よく似た種にクロホシテントウゴミムシダマシがいる。体長約3mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ジャコウアゲハ(幼虫)

ジャコウアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
毒草であるウマノスズクサを食べ、体内に毒を貯蔵する。奇抜な体色は鳥などの外敵に対する警戒色である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索