本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウ
[アゲハチョウ科]
幼虫はムラサキケマンやヤマエンゴサクなどを食べる。シロチョウとあるがアゲハチョウの仲間。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ヨツスジハナカミキリ

ヨツスジハナカミキリ
[カミキリムシ科]
黄色と黒の縞模様でハチに擬態している。夏、ノリウツギやガクアジサイの花に花粉を食べるために集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:トノサマバッタ

トノサマバッタ
[バッタ科]
大型のバッタ。生息環境である草原が開発によりなくなり個体数が減少している。体色は緑色から褐色のものがある。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:トラマルハナバチ

トラマルハナバチ
[ミツバチ科]
春、花が咲き始めると花から花へ飛び回る。非常に毛深く、多くの花粉を媒介していると思われる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キボシアシナガバチ

キボシアシナガバチ
[スズメバチ科]
他のアシナガバチに似ているが腹部前方に2対の黄色い紋があることで区別できる。体全体は黒っぽく、脚が赤褐色。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セアカツノカメムシ

セアカツノカメムシ
[ツノカメムシ科]
背中の中心部分(小楯板)が赤いことからこの名前がついた。オスは腹部先端に赤いハサミ状の突起物をもつ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ギンヤンマ

ギンヤンマ
[ヤンマ科]
池や沼の止水域でよく見られる。オニヤンマと並び昔から子供に人気があるトンボの一種である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キリギリス

キリギリス
[キリギリス科]
「ギー、ギー、チョン!」と鳴く。鼓膜が前足にある。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ハイイロゲンゴロウ

ハイイロゲンゴロウ
[ゲンゴロウ科]
中型のゲンゴロウの仲間。富栄養化にも強く日本各地でよく見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アオバセセリ(幼虫)

アオバセセリ(幼虫)
[セセリチョウ科]
アワブキ、ミヤマハハソなどアワブキ科の葉を食べる。葉を丸めて巣を作る。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:クビアカトラカミキリ

クビアカトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木で産卵、交尾のため集まる。分布は局地的。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:カノコサビカミキリ

カノコサビカミキリ
[カミキリムシ科]
成虫、幼虫共にカラスウリの枯れ蔓を食べる。名前の由来は鹿の子模様から。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヒゲコメツキ

ヒゲコメツキ
[コメツキムシ科]
オスは櫛状の立派な触角をもつ。葉上や花で小昆虫を捕食する。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:キアゲハ(幼虫)

キアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
シシウド、ニンジン、パセリなどのセリ科植物の葉や実を食べる。プランター栽培などにより都市部でもよく見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アカスジカメムシ

アカスジカメムシ
[カメムシ科]
赤と黒のストライプがオシャレなカメムシ。シシウドの花に多く見られる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:オオスミヒゲナガカミキリ

オオスミヒゲナガカミキリ
[カミキリムシ科]
2001年に発見された大型新種。幼虫はマテバシイの生木を食べる。成虫は深夜から明け方にかけて活動する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:アカホシカメムシ

アカホシカメムシ
[ホシカメムシ科]
南方系のカメムシ。サキシマフヨウ、オオハマボウ、ムクゲなどのムクゲ科植物に寄生する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アカハネムシ

アカハネムシ
[アカハネムシ科]
幼虫は朽木の樹皮下で生活している。成虫は春早いうちから活動し暖かい日中飛び回っている。
見られる時期:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索